キアヌ・リーブスの髪型画像を紹介!ショートや坊主が人気?

ご覧頂きありがとうございます。

当サイトでは、「イケメンな外国人俳優」をテーマに解説しています。

ここでは、キアヌ・リーブスさんの髪型に注目していきます。

 

キアヌ・リーブスさんは、レバノン生まれの俳優で、アメリカ、カナダ、イギリスの3国籍を取得しています。(主にカナダで育ったようです)

主演を務めた映画『ビルとテッドの大冒険』でヒットを果たし、その数年後の映画『スピード』が大ヒット、現在まで国際的スターとして認知されています。

MTVムービー・アワード 最優秀男優賞」を受賞するなど、実績も豊富で世界から高い評価を受けています。

 

そんなキアヌ・リーブスさんですが、髪型はどのような感じなのでしょうか。

ここでは、気になるキアヌ・リーブスさんの髪型について画像とともに紹介していきます。

 

キアヌ・リーブスの髪型画像集

まずは、キアヌ・リーブスさんの髪型画像を見ていきましょう。

 

 

5分刈り(映画スピードでの髪型)

出典:http://d.hatena.ne.jp/type-r/20120928
出典:https://www.pinterest.jp

キアヌ・リーブスさんが一躍有名となるきっかけとなった映画「スピード」では、このような坊主に近い5分刈りのヘアスタイルでした。

このような坊主ヘアは頭の形がモロに出る髪型なので、似合う方も不自然になってしまう方もいるのですが、キアヌ・リーブスさんの場合頭の形が丸く綺麗なのでこのような坊主ヘアでも男前でかっこよく見えますね。

※スキンヘッドの俳優が見たい方は以下の記事↓を見てください。

スキンヘッドの外国人俳優を紹介!【ハゲだけどイケメン】

 

ちなみに当時、スピードの監督を務めていたから「主人公はヘアスタイルで行く」と告げられ、このようなヘアスタイルにしたようです。

しかし監督の思い描いていたものとは違った(短すぎた)ため、無理やりスケジュールを変更し、顔があまり見えないシーンから撮影することにしたようです。

キアヌ・リーブスさんはその時のことを「頭皮が見えるぐらい短く刈り込んだら監督に”短すぎる!”って怒られた。僕は気に入っていたけどね(笑)」などと述懐していたようです。

 

センターパート分け

出典:http://people.com/tv/keanu-reeves-swedish-dicks-exclusive/

髪をセンターで分けて両側へ流したセンターパート分けの髪型です。

全体的に直毛に近い感じですが、毛先を中心に少し動きも出しています。

 

長髪センターパート

出典:https://www.biography.com/people/keanu-reeves-9454211

こちらも同じセンターパート分けですが髪がより長くなっていますね。

全体的にボリュームがあり、重い印象も受けます。

毛先に動きを出しており、髪にツヤがあるのも特徴的ですね。

 

ベリーショート&でこだしアップバング

出典:http://www.imdb.com/name/nm0000206/

全体的に髪を短くした、男らしいベリーショートの髪型です。

前髪はアップバングにしておでこを出していますね。

サイドはオールバックに近い形でタイトに仕上げています。

 

段状無造作ヘア

出典:https://www.famousbirthdays.com/people/keanu-reeves.html

こちらは無造作な感じの髪型ですが、段をつけるように髪をまとめているため奇抜な印象も受ける髪型になっています。

最初見るとびっくりした方が多いのではないでしょうか。

 

ヘアスタイルのアンケート結果

出典:http://www.makeupandbeautyblog.com/just-for-fun/keanu-reeves-his-best-hair/

海外サイト(こちら)で、上記の9つのキアヌ・リーブスさんの髪型で、どれが一番好きか?というアンケートがありました。

この結果は、2018/03/19日現在で1位が①の髪型、2位が⑧の髪型、3位が③の髪型となっていました。

どれもベリーショートの髪型ですね。

確かに短髪のキアヌ・リーブスさんは本当にカッコいいですよね!

 

 最後のまとめ

ここでは、キアヌ・リーブスさんの髪型について見てきました。

キアヌ・リーブスさんの髪型は

  • センターパート
  • ベリーショート
  • 坊主ヘア

など豊富です。

 

中でも、短髪の髪型がかっこよく人気があるようですね。

あなたは、どの髪型が好きですか?

お気に入りの髪型があれば、是非自身のヘアスタイルの参考にもしてみてくださいね!

※(2018/03/26追記)誤って別人の画像を掲載していたため、該当箇所を削除・訂正させて頂きました。

この場でお詫び申し上げます。

 

スポンサーリンク